獅子窟寺・かいがけの道ハイク
2017 / 11 / 13 ( Mon )
11月12日(日)
   OB会ハイキングで、交野市「獅子窟寺・かいがけの道ハイク」へ行って来ました。
   好天に恵まれて楽しいハイキングでした。
*K市議後援会主催のハイキングで、いつもより多く57名の多数の参加者が。
   凄い隊列でのハイクでしたが、全員が元気にハイク出来て良かったです。
*20数年前に、交野・私市に住んでいて、良く歩いた懐かしいルートでした。
*一番簡単なCランクのハイキングでしたが、獅子窟寺への急登、その先の急坂雑木林は
   根っこが多くて歩きにくくて、Bランクが妥当だったかと。
*かいがけの道は、悪路で落ち葉も多くて、滑らないように慎重に。
   (膝が悪いので、注意してゆっくりと下りましたが。)
*コース
    京阪交野線・河内森⇒獅子窟寺⇒そうげんの道⇒すいれん池・くろんど園地休憩所⇒
      10:00           10:30-40                   12:00-45
      交歓広場⇒八つ橋⇒かいがけの道⇒住吉神社⇒JR河内磐船駅
       13:20             13:50    14:25-35     14:55
     *(約10km  18,000歩のハイキング)
*獅子窟寺
    境内には獅子の口のような形の「獅子窟」があり、寺の名にもなっている。
    寺の開基は役行者と伝えられ、奈良時代になって行基が聖武天皇の勅願により、
    堂宇を建立したといわれる。本尊の国宝・薬師如来座像は平安初期の作。
    行基が一刀三礼し、3年3カ月をかけて刻んだというカヤの一木造り。
*かいがけの道
    狭崖(かいがけ)と書く道は、奈良の大仏を作った仏師たちが行きかい、
    北河内から大和や熊野詣でに向かう人々が通った道。
*河内森駅より歩き始めて、天田神社付近を歩く。
P1180172.jpg
*獅子窟寺へは、急登のコンクリート道を進む。
P1180175.jpg
「獅子窟寺」に到着。
P1180177.jpg
「獅子窟寺」境内。
P1180180.jpg
*巨岩の横を。
P1180182.jpg
*交野・枚方市内が望めて。
P1180184.jpg
*根っこがむき出しの歩きにくい雑木林を進む。
P1180185.jpg
*くろんど園地のハイキング道を進む。
P1180186.jpg
*すいれん池に赤い鯉が。
P1180187.jpg
「くろんど園地休憩所」で昼食を。
P1180190.jpg
*おおさか環状自然歩道を進む。
P1180193.jpg
P1180195.jpg
「交歓広場」に到着。
P1180197.jpg
*八ツ橋付近を歩く。
P1180199-001.jpg
「かいがけの道」に入る。
P1180202.jpg
*途中に「石仏」が。
P1180204.jpg
*落ち葉で歩きにくくて。
P1180206.jpg
「住吉神社」に到着。
P1180209.jpg
「JR河内岩船駅前」で解散。
P1180211.jpg

スポンサーサイト
15 : 11 : 15 | 近郊・ぶらり歩き | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
8年目の菊作り(その2)
2017 / 11 / 10 ( Fri )
11月10日(金)
   「大菊・3本仕立て」「大菊・福助作り」がほぼ咲き揃ったので、記録用に写真撮影しました。
    昨年は葉が病気になって、茎全体の成長が止まって散々の結果でしたが、
    今年は全体的に満足出来る菊作りでした。
*左側2鉢が「3本仕立て」、右側20鉢が「福助作り」
P1180116.jpg
P1180118.jpg
「大菊3本仕立て」8鉢作りましたが、薬剤散布・追肥・盛土を
   適宜行って4鉢が良い出来でした。
   残り4鉢は3本の花弁が不揃いで、もうひとつの出来。
*大菊3本仕立て・国華星矢(黄色)  
P1180126.jpg
P1180127.jpg
*大菊3本仕立て・国華勝運(白色)
P1180130.jpg
P1180131.jpg 
*今年M氏より苗を2種類もらっての大菊3本仕立ては、
  1鉢「大菊細菅」が良い出来でした。
大菊3本仕立て・山陽紫水(紅桃)
P1180076.jpg
P1180078.jpg
*右側の「だるま作り」は1鉢だけが、ちょっと伸びすぎましたが、まずまずで。
P1180150.jpg
「福助作り」は20鉢が全体的に良い出来でした。
P1180137.jpg
P1180134.jpg
P1180133.jpg
*福助作り・国華星矢(黄色)
P1180158.jpg
P1180139.jpg
*福助作り・国華勝運(白色)
P1180161.jpg
P1180140.jpg
追記
  11月12日(日)地域の「文化祭」公民館入口横に、
  「大菊・3本仕立て」2鉢と 「大菊・福助作り」10鉢を展示。

P1180163.jpg
P1180167.jpg
 
  
22 : 06 : 13 | 菊作り | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
伊勢志摩・わたかの温泉の旅
2017 / 10 / 31 ( Tue )
10月29日~30日
  1泊2日でOB会の「伊勢志摩・わたかの温泉の旅」に行って来ました。
*一日目は先週末と同様に台風(22号)の影響で一日中雨でSAの休憩のみで、
   すべての観光は中止して島の旅館へ直行。
*二日目は台風は去ったが強風で英虞湾遊覧は中止。「伊勢神宮(内宮)参拝」と、
   付録で昨日行く予定だった二見ヶ浦「賓日館」に寄って帰りました。
*OB会行事はハイキングに時々参加しているが、旅行は初めての参加でした。
*雨と強風の二日間でしたが、昔の仲間との飲酒尽くしの楽しき旅でした。
渡鹿野島
    的矢カキの養殖で知られる的矢湾の中央 部に浮かぶ周囲約6kmの小島。
    穏やかな湾に浮かぶハート型の「わたかの島」
風待ちの湯 「F荘 」
    庭園露天風呂「風待ちの湯」地下1300Mの自家源泉から湧出する天然療養温泉。
*対岸が渡鹿野島で左側が「F荘」、手前の船で十分程度で渡れました。
    二日目の帰路に撮影(一日目の乗船は強風雨で撮影どころではなくて)。
P1170976.jpg
伊勢神宮・内宮。
    内宮は皇室の御祖先であり、太陽にもたとえられる 天照大御神 をお祭りし、
    全国より崇敬を集めている。
*宇治橋を渡って参拝へ。
P1170979.jpg
*案内板。
P1170985.jpg
P1170986.jpg
*五十鈴川のお手洗い場は、大雨で溢れていて、立ち入り禁止。
P1170987.jpg
*樹齢数百年の木々が。
P1170998.jpg
P1170997.jpg
P1170990.jpg
*正宮。
P1170991.jpg
P1170993.jpg
*おかげ横丁。
    伊勢神宮へのおかげ参りブームが起こった江戸から明治期の伊勢路の
    建築物を移築などで再現、三重県や伊勢地方の魅力を凝縮している。
P1180012.jpg
P1180020.jpg
*赤福本店。
P1180018.jpg
*昼食(海鮮蒸し料理)。
  
めったに食べない伊勢海老を、詳細に撮影して。
P1180033.jpg
P1180021.jpg
P1180028.jpg
P1180031.jpg
P1180032.jpg
*賓日館
   明治20年に建設され、伊勢神宮に参拝される賓客が宿泊された由緒ある建物。
   120畳の大広間や輪島塗で装飾された床の間がある御殿の間。
P1180036.jpg
桃山式折上格天井の「大広間」120畳
  
 
P1180045.jpg
P1180046.jpg
*御殿の間。
P1180049.jpg 
*回遊式の庭園。
P1180048.jpg
*賓日館前の「二見ヶ浦海岸」は大荒れで、夫婦岩は片方の岩が右に少し見れて。   
P1180051.jpg
12 : 14 : 27 | ちょっと遠くへ、ぶらりと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
日本百名山登山・その③(11座~15座)
2017 / 10 / 23 ( Mon )
10月23日(月)
10月も後半なのに大型21号台風で、昨日22日のハイキングが中止となって。
思い出の登山「日本百名山登山・その③」(11座~15座)を掲載する事に。
●山の会主催の市民秋山登山(1泊2日)で北八ヶ岳・「蓼科山」へ。
    二日共好天で、初日は八子ヶ峰ハイキングをして白樺湖畔に宿泊。
⑪蓼科山(標高2530m) 【2010年10月17日】

*蓼科山を背景に55名の参加者集合写真。
IMG_0028.jpg
*蓼科山山頂でパーテー全員が。
IMG_0280A.jpg
*広い山頂は岩に覆われていて、正面に御嶽山(噴火前)が。
蓼科山 061-001
●家庭事情で山の会活動は休止していて、単独で「白山登山」へ。
   夜行バスで金沢へ、室堂に一泊して、朝食前にご来光を拝みに山頂へ。
   快晴に恵まれて山頂は素晴らしい眺望でした。
⑫白山(標高2702m)【2010年8月4日】
*白山(御前峰)山頂。

白山(H22・8・4) 063-001
*山頂でご来光を仰ぐ沢山の人が。
白山(H22・8・4) 060
*雲海中央に御嶽山が小さく望めて。
白山(H22・8・4) 085-001
●山の会の先輩5名に同行して、車で敦賀からフェリーで秋田まで行って、
   東北2山(岩木山・八甲田山)を登山したが、二日共天候不順で散々でした。
   秘湯の酸ヶ湯温泉の宿泊は良かったです。  
⑬岩木山(標高1625m)  【2009年10月2日】
*岩木山よりの紅葉が見事で。
岩木山・八甲田山 003
*岩木山山頂。
岩木山・八甲田山 001
*車中より岩木山山を望む。
岩木山・八甲田山 043
⑭八甲田山(大岳)(標高1585m) 【2009年10月3日】
*毛無岱(けなしたい)湿原を望む。
岩木山・八甲田山 023
*八甲田山(大岳)山頂。
2009_1003画像0072
*酸ヶ湯温泉を望む。
岩木山・八甲田山 036
●Y氏の百名山100座目完登で「御嶽山」登山へ。
    大型貸切バスで半分の人が登山して、天候に恵まれた楽しい山行でした。
    御嶽山噴火より5年前の同時期の登山でした。
⑮御嶽山(標高3067m)  【2009年9月8日】
*御嶽山山頂。
御嶽山 006-001
*山頂神社で記念撮影。
御嶽山 007-001
*二日目朝に乗鞍岳・槍ヶ岳・穂高連峰が望めて。(二の池山小屋前より)
御嶽山 072
19 : 05 : 20 | 思い出 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
北摂「三草山ハイク」
2017 / 10 / 09 ( Mon )
10月8日(日)
  好天に恵まれた日曜日に、OB会ハイキングで北摂の「三草山ハイク」へ行って来ました。
  OB会ハイクは8、9月の盛夏は休止で、皆と久しぶりの再会で29名の参加者が。
*久しぶりの山登りで、ランクB(中)なりのしんどさがあって。
*アスファルト道の下りは、膝に負担が過大て難儀でした。
*三草山(みくさやま)
   大阪府と兵庫県の境に位置する標高564mの低山。
   丸い山容は周囲からよく目立ち、愛らしい。
*コース
   山下駅(能勢電鉄)~(バス)~森上バス停⇒慈眼寺⇒ゼフィルスの森
                        9:50     10:15     11:00
      ⇒  三草山  ⇒ 大歳神社⇒近畿自然歩道⇒日生中央駅(能勢電鉄)
       11:30-12:20   14:00                15:30
       *(約10km  24,000歩のハイク)

*能勢電鉄・山下駅8時45分集合。
P1170933.jpg
「森上バス停」より登山開始。
P1170936.jpg
「慈眼寺」に到着。
P1170938.jpg
*慈眼寺の「宝篋印塔」。
P1170940.jpg
*麓から「三草山」を望む。
P1170941.jpg
「大阪環状自然歩道」の登山道へ。
  三草山山頂へ1.1kmの表示が。
P1170945.jpg
*沢山の「栗イガ」が散在して。
P1170946.jpg
P1170947.jpg
*ゼフィルスの森。
P1170949.jpg
*山頂への最後の階段。
P1170951.jpg
「三草山山頂」は広場状で。
  昼食場所で、沢山の中年ハイカーが来られて。
P1170952.jpg
*三草山山頂の「三等三角点」564m。
P1170958.jpg
*三草山山頂上からの展望。
   中央左奥にに大阪市内を、あべのハルカスも望めて。
P1170955.jpg
*下山開始。
P1170960.jpg
P1170961.jpg
*上阿古谷の里に下りて来て。
P1170963.jpg
「大歳神社」に到着。
P1170964.jpg
P1170965.jpg
*歩き易い農道を。
P1170966.jpg
*日生中央駅へ1.1㎞の表示。
P1170967.jpg
*「日生中央駅」(能勢電鉄)に到着。
P1170968.jpg
19 : 52 : 48 | 山登り | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>